胸の大きさは遺伝?何で大きい人と小さい人がいるの?

65417971fe2cef3c66a7dcdbbde80d61_s

「胸が小さい」「胸が大きすぎる」などの胸の大きさに悩んでいる女性は多いと思います。

どうして個人差があるのか調べてみました。

胸の大きさは遺伝で決まる!?

お母さんの胸が小さいから私も・・・と考えていませんか?胸の大きさを決める要素が遺伝するのは30%~40%位のようです。

筋肉の質や骨格は遺伝の影響を多く受けるようですが、胸の大きさを決める重要な要素の皮下脂肪や乳腺組織の発達には遺伝は関係ないようです。

胸の大きさが同じような親子がいたり、親子で大きさが違う親子がいたりするのは、皮下脂肪や乳腺組織の発達には生活習慣や食生活が大きく関わっているので、親子で同じような生活習慣で同じような食生活をしている親子は、胸の大きさも同じような大きさになるし、まったく違う生活をしていれば胸の大きさも変わってくるということです。

ですので、親の胸が小さくても生活習慣や食生活を変えれば、胸を大きくすることは出来るということですね。

胸を大きくするには!?

胸を大きくするのに重要なのは女性ホルモンです。妊娠すると胸が大きくなるのは女性ホルモンが大量に出るからです。日常的に女性ホルモンを増加させるには、規則正しい生活をして、なるべくストレスを溜めない生活を心がけることです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする