自動車保険と日本のマーケット

4e8169b30b4914411067244aa51b9f6c_s

今回の10日間におけるプレスツアーにおいて、フォルクスワーゲンを率いるヘルベルト社長に長時間のインタビューをする計画でした。

そこでは例のディーゼルに関する問題だけではなく、フォルクスワーゲンはどのように将来へ向けて進むのかについて、具体的に話してもらおうと考えていた。

しかし、フライトが悪天候でキャンセルされてしまったことで、単独インタビューも残念ながらできなくなってしまいました。

ところが社長はその後、多忙な中でも時間を見つけて、CESのオフィシャルオープニングの1時間目にフォルクスワーゲンのスタンドで簡単なインタビューに答えてくれました。

その中で日本のユーザーへのメッセージも聞くことができたので、ここで改めてお伝えしたいと思います。

さた、社長はNAIASではなく、本来であればクルマとは関係の薄いCESの基調講演でまず謝罪をしましたが、これについては「フォルクスワーゲンが重視する北米マーケットにおいて当然な行為であり、これを機に、新しいフォルクスワーゲンが誕生するというメッセージが含まれているのです」とその意図を説明しています。

今後はこの信頼関係に邁進すると親日派の社調らしく、日本に対して特別なメッセージを発信してくれました。

自動車保険とマーケットの関係とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする