資金繰りの難しさ

会社の経営を行う人は企業の経営の為に多額の借金を行う傾向ですが、資金繰りが出来ない時に会社の物だけではなくて私物を差し押さえられる可能性もあります。最近は会社に雇われないで仕事を行う形態としてフリーランスが活躍していますが、商売などを展開する時に借金で失敗した場合は、限りなく責任を負う義務が生じます。株式会社として経営している人は出資した額まで責任を負えば済む傾向ですが、フリーランスの場合は無限の責任を負います。自分に向いているビジネスを展開できるメリットは大きいが、負った負債を果たす責任がある事を自覚して無借金経営を優先しながらビジネスを展開していく事が必要です。
無借金経営の良さは銀行や消費者金融から融資を受けていない状態になっているので、借りたお金の利息を支払わないで良い事がメリットです。自分が持っているお金を有効的に活用して、毎月利益が出るように仕事を行えば借金を行って経営するよりも安泰な状態になります。順調に経営を行えれば問題が無いが、売上が下がって資金繰りに困った時に借金をしないように蓄えを準備しておく事も大切です。
フリーランスは大きな会社のように仕事を請け負えない傾向ですが、責任の事を考慮すると借金を負わずにクライアントとの信頼を果たせるように仕事を展開していく事が重要です。私は一時期フリーランスとして生活した経験があるが、仕事に掛かる経費を徹底的に削減しながら売上を出すように仕事を工夫して、借金を背負わないで生活を送る事に成功しました。

東京で借金相談するならこちら。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする